フォトウエディングはどこで撮る?人気の撮影スポットで最高の1枚を

結婚式はしなくてもウェディングドレスを着て写真は撮りたい!そんな女性はフォトウェディングをおすすめします。

フォトウェディングであれば結婚を記念した写真の撮影なので、挙式や披露宴は行ないません

結婚式より低予算で時間もかからず、それでいてドレスや白無垢の姿を写真に残しておけます。

 

カップルのイメージフォトウェディングを行なう魅力はたくさんありますが、中でも魅力的なのが「様々な場所で撮影できる」ということ。

基本的にはどこの場所でも撮影可能で、近所の思い出の場所から海外リゾート地まで希望に応じて思い出の写真を残せます。

 

ここでは、ロケーション別の特徴や人気の撮影スポットについてまとめています。

フォトウェディングを検討されている方は、ぜひ参考にして下さい。

 

フォトウェディングはスタジオ撮影とロケーション撮影の2つ!

フォトウェディングは2人の結婚記念写真になりますので、撮影場所にはこだわりたいですよね。

同じ衣装でも撮影場所が違えば写真の印象はガラリと変わります。

撮影場所は多くの選択肢から選べますが、撮影の種類は大きく分けると「スタジオ」と「ロケーション」の2つです。

ここでは、スタジオ撮影とロケーション撮影の特徴やメリット・デメリットを紹介します。

 

スタジオ撮影の特徴

スタジオのイメージスタジオ撮影は、スタジオ(屋内)での撮影となります。

写真館での撮影環境に近く、数種類の背景やセットから好きな物を選んで撮影します。

 

スタジオ撮影のメリット

天気に左右されずに撮影可能

スタジオ撮影は屋内なので、天気に左右されることがありません。

雨や雪などで撮影延期にはならず、計画通り撮影を進めていくことができます。

 

比較的費用が安い

スタジオ撮影はロケーション撮影に比べて費用が安い傾向にあります。

スタジオは会社が所有しているものなので、使用料はかかりませんし、延期になることもないので基本的に追加料金が発生することはありません。

 

短時間での撮影可能

スタジオ内には撮影できる空間だけでなく、メイクルームやフィッティングルームが近くにあります。

また、屋内撮影なので天気や環境が整うまで待機する必要はなく、当日はスムーズに撮影できます

 

疲れにくい

屋外での撮影であれば、気温や湿度によって体力が消耗されたり、人の目が気になって精神的に疲れてしまう恐れがあります。

スタジオ撮影であれば、2人だけの環境で落ち着いて撮影できますので疲労は感じにくいでしょう。

 

設備が整っている

スタジオではあらゆるシーンに対応できるように様々なセットや小物が用意されています。

それらを組み合わせて写真撮影ができ、照明設備も整っているので美しく撮影できます。

 

スタジオ撮影のデメリット

動きの撮影が難しい

限られた空間での撮影になりますので、どうしても動きが少ない写真になってしまいます。

好きなポーズで撮影できますが、屋外に比べて自然体で撮影できませんので少し堅苦しい印象になってしまう恐れがあります。

 

バリエーションが少ない

セットや背景を変えることで写真の雰囲気を変えられますが、やはりロケーション撮影に比べるとバリエーションは少ないです。

オリジナリティを出すことが難しいので、ある程度の枠組みでの撮影になってしまうでしょう。

 

ロケーション撮影の特徴

屋外撮影のイメージロケーション撮影は屋外での撮影になります。

撮影場所や季節によって写真の印象が大きく変わります。

 

ロケーション撮影のメリット

バリエーションは無限大

ロケーション撮影は撮影可能な場所であればどこでもOKです。

出会った場所、初めてデートをした場所、プロポーズされた場所、一度訪れてみたかった場所、絶景…などなど自由に選択できます。

バリエーションやシチュエーションは無限大なのでオリジナリティ溢れる写真を撮影できます。

 

旅行がてらの撮影できる

観光スポットやリゾート地での撮影も人気があります。

遠方へ出向いて写真撮影をする場合には同時に旅行も楽しめます。

また、撮影場所は国内だけでなく海外リゾート地(ハワイやグアムなど)も選べます。

 

開放感のある撮影ができる

ロケーション撮影は自然の光や風を感じながら撮影できます。そのため、開放感があり、より自然体での撮影が可能になります。

また、同じ場所でも季節によって雰囲気が変わり、季節を感じる写真も残せます

 

ロケーション撮影のデメリット

天気に左右される

悪天候のイメージ屋外での撮影になるので、どうしても天気に左右されてしまいます。

また、撮影が可能な天気でも快晴になるとは限りませんし、急に天気が悪化する恐れもあります。

天気によっては撮影日が延期になるので、再度予定を調整しなければなりません。

 

費用が高い

費用のイメージロケーション撮影の場合、撮影場所は自由に選べますが場所によって使用料金がかかります

また遠方で撮影する場合には交通費やカメラマンの出張料、延期になってしまった場合の延期料金などが別途発生します。

 

恥ずかしさを感じる

ロケーション撮影の大半は他の方もいる中での撮影になりますので、撮影時に遭遇すれば誰でも撮影風景を見ることができます。

特に新郎新婦は婚礼衣装を着ているので目立ってしまいますので、見られる覚悟で撮影に挑む必要があります

 

フォトウェディングで人気の撮影スポット

フォトウェディングをするとなれば、スタジオ撮影にするかロケーション撮影にするか選びますが、ロケーション撮影を選んだ場合には「どこで撮影するか?」決めることとなります。

ロケーション撮影は極論どこででも撮影してもらえますが、選択肢が多すぎて悩んでしまう方もいるでしょう。

そんなカップルのために、ここでは人気の撮影スポットをご紹介します。

 

チャペル

チャペルのイメージウェディングドレスとの相性が良い撮影場所と言えば、やっぱりチャペル!純白のウェディングドレスが映えるバージンロードやステンドグラスは花嫁の魅力を一層引き立てます

また、挙式を行なう場所ということもあり、結婚式を行わないカップルでも挙式をした気分になれます。

 

海のイメージ青い海と砂浜を背景に撮影する写真は、非常に開放的で自然を感じられます。

海辺の壮大な環境での撮影は海風を感じ、気持ちもリラックスできます。

プロのカメラマンに撮影してもらうとなると緊張しますが、自然な表情で撮影しやすくなります。

 

ディズニーランド

ディズニーランドのテーマパーク内での撮影は、

まるでディズニーの物語に出てくるお姫様になったかのような気分を味わえます。

また、ディズニーランドでのフォトウェディングはディズニーの仲間たちとの撮影プランもあり、思い出に残ること間違いありません。

 

神社仏閣

白無垢や色打掛などの和装で撮影する場合には、やはり神社仏閣が相性抜群です。

和装はドレスと比べて印象が大きく変わり、落ち着いた印象があります。

日本らしい風景を背景にした写真は季節によって風景が変わるので、情緒が感じられます。

 

海外

海外リゾート地でのフォトウェディングも人気があります。特にハワイやグアムなどの美しいビーチが広がるロケーションはドレスも美しく映えます。また、

海外旅行+知り合いに見られることがないという開放感から自然体の写真が撮影しやすいです。

ただし、ハワイやグアムなど海外でフォトウェディングをする場合、チップを渡す習慣があります。

必ずというわけではありませんが、撮影料金とは別に心付けを用意しておきましょう。

まとめ

カップルのイメージフォトウェディングの撮影場所はスタジオとロケーションの2パターンがあり、それぞれで特徴が違ってきます。

そのため、フォトウェディングをする前には自分たちがどういった写真を撮ってもらいたいのか?考えておくことをおすすめします。

こちらでは人気の撮影スポットを5つ紹介しましたが、もちろんこの他にも魅力的に撮影できるスポットは多数ありますし、1つに絞る必要はありません

好きな撮影場所を選んで、自分たちらしさが感じられる写真を残しましょう!
タイトルとURLをコピーしました