フォトウェディングの費用相場は?お得に撮影するコツ

節約できた女性テレビや雑誌では結婚式をしないカップルが増えているという記事をよく見かけますが、現在は挙式なしの晴れ姿を写真に収めるフォトウェディングを選ぶカップルが増えつつあります。

撮影内容自体は前撮りと変わりませんが、挙式や披露宴は行ないませんので費用はかなり抑えられます

 

ただ、フォトウェディングをしたことがない方からすると「安いと言ってもどのくらいの金額がかかるのか?」「本当に低予算でも撮影できるのか?」など疑問を感じるでしょう。

 

そんな方のために、こちらのページではフォトウェディングの相場や費用の内訳などお金にまつわる内容をまとめています

 

フォトウェディングの相場はいくら?

フォトウェディングサービスを行なっているスタジオや結婚式場では、写真撮影だけのプランが用意されています。

プランは撮影代に衣装代・ヘアメイク代などが基本料金に含まれていますが

撮影場所やオプション追加によって金額は大きく変動します。

また、撮影を依頼する業者によっても料金設定は変わってきますので、申し込む前にしっかりと料金を確認しておかなければなりません

 

フォトウェディングの平均金額ですが、撮影代や衣装代などを合わせて約10万円です。

一般的な結婚式(挙式+披露宴)の平均金額は320万円程ですから、結婚式をすることに比べればかなり安いです。

結婚式をできるほどまとまったお金は用意できないというカップルでも、フォトウェディングなら頑張ってお金は用意できるでしょう。

また、10万円という金額はあくまで平均金額なので、更に安い金額で撮影することも可能です。

 

値段の差が大きいのはどうして?フォトウェディングの料金の内訳

上記ではフォトウェディングの平均金額について紹介しましたが、実はスタジオ撮影にするかロケーション撮影にするかによって平均金額は違ってきます。

スタジオ撮影の平均金額…5万円未満ロケーション撮影の平均金額…10~15万円

 

スタジオ撮影とロケーション撮影では約2倍ほど金額が変わってくるわけですが、どうしてこれほど金額に差があるのでしょうか?

ここでは、スタジオ撮影とロケーション撮影の費用内訳を紹介します。

 

スタジオ撮影の費用内訳

スタジオのイメージスタジオ撮影のフォトウェディングは安ければ2万円~利用できます

ただし、写真のカット数や選べる衣装数には限りがあるので、こだわると5~10万円ほどかかってしまいます。

 

スタジオ撮影の基本プランに含まれている内容

・撮影代・衣装代

・ヘアメイク

・着付け

・装飾品

・写真データ

・写真プリント

 

スタジオ撮影はオリジナリティを出しにくいですが、手軽に撮影をしたいカップルやなるべく低予算のフォトウェディングを希望する場合にはスタジオ撮影がおすすめです。

 

ロケーション撮影の費用内訳

ロケーション撮影ロケーション撮影のフォトウェディングは安ければ10万円~利用できます。

とは言っても撮影場所によって金額は大きく変わってきますので、遠方の観光地や海外で撮影する場合には費用は高額になります。

 

ロケーション撮影の基本プランに含まれている内容

・撮影代・衣装代

・ヘアメイク

・着付け

・装飾品

・写真データ

・写真プリント

・移動車両代

・スタッフ出張代

 

ロケーション撮影は屋外での撮影のため、悪天候で撮影が延期になった場合には延期料金、撮影場所によっては使用料が別途必要になります。

料金は高くなってしまいますが、それでも結婚式に比べれば安いですし、2人だけの特別な写真を撮影できます。

 

安すぎるフォトウェディングには注意?予算オーバーしないために

フォトウェディングの基本プランを見ていると「こんなに安い料金でプロに写真撮ってもらえるんだ♪すごくお得!」と思いますが、ホームページに掲載されている金額は最も安い基本プランの金額です。

そのため、自分が撮ってもらいたいフォトウェディングの内容で再計算すると大幅に予算オーバーしてしまうことも…。

あとでガッカリしないためには、しっかりと申し込む前にフォトウェディングのプラン内容を確認しておきましょう。

 

選べる衣装の数

フォトウェディングにはいくつかプランが用意されていますが、いずれのプランも基本的には撮影代に衣装代やヘアメイク代も含まれています

しかし、プラン内の料金で着用できる衣装には限りがあり、実際に衣装を見てみると着用したいものがなかった…なんてことも。

また、追加料金を支払うと他の衣装へグレードアップできるようになっていますが、その場合には数万円加算されます。

基本料金内ではどんな衣装があるのか?種類は豊富か?をチェックしておきましょう。

 

衣装や小物の持ち込み料

撮影時に着用するドレスや小物類は、レンタルするのではなく自分で持ち込んだものを着用したい!

その場合には持ち込み可能ですが、持ち込み料金が発生する恐れがあります。

持ち込み料金は高ければ5万円ほどかかりますので、申し込む前に持ち込み料金について聞いておきましょう。

 

アルバム作成料金

基本プランには写真プリント代が含まれていますが1枚分という場合が大半です。

オプションで写真の焼き増しやアルバム作成などを行なっていますが、費用は高額です。

また、写真データを全て受け取る際には3~5万円ほどかかる場合があるので、最終的には費用がかさんでしまうことも。

 

撮影場所

スタジオでフォトウェディングの撮影を行なう場合には基本プラン内で利用できるケースが多いです。

ロケーション撮影の場合は場所によって移動費や出張費などが加算されます。

基本料金が安くても希望の場所で撮影しようと思えば結局高額になる可能性があるので、希望の撮影場所がある場合には追加料金について詳しく調べておきましょう

 

撮影日

同じフォトスタジオや撮影内容であっても撮影日によって料金が変動します。

料金は予約が集中する日ほど高額になり、

土曜日、日曜日、祝日は平日に比べて1万円弱高い傾向があります。

 

フォトウェディングの料金は安くできる?節約するコツ

考える女性フォトウェディングは結婚式をすることを思えばかなり安いですが、工夫次第でさらに料金を抑えることが可能です。

もちろん、写真は一生の思い出になるものなので、自分の希望を我慢する必要はありません。

ですが、抑えられる部分は抑えて申し込めば数万円お得になるかもしれません!

ここでは、フォトウェディングの節約ポイントをご紹介します。

 

スタジオ撮影を選ぼう

スタジオのイメージロケーション撮影は移動費や出張料が発生します。また、天候が悪い場合には延期料金を請求されることもあります。

一方、スタジオ撮影であれば料金はもともとお安く設定されていますし、スタジオ内ですべてが完了します。

また、天候に関係なく撮影を決行できるので追加料金が発生しません

 

衣装は和装よりも洋装で

衣装はウェディングドレスやカラードレスの洋装、白無垢や色打掛の和装から選べますが、和装は料金が高い傾向にあります。

そのため、衣装にそこまでこだわりがない場合には洋装を選ぶと良いでしょう。

また、基本プランに含まれる衣装数は1着だけなので、何着も着るとその分料金が加算されてしまいます。

節約するには、お気に入りの1着を見つけましょう。

 

撮影するなら平日で

撮影日は土日祝日になると追加料金が発生する場合が多いです。

そのため、なるべく費用を抑えるためには平日に撮影するようにしましょう。

 

小物類は持ち込もう

持ち込みのイメージ基本プラン内にアクセサリーや小物類が含まれているケースもありますが、別料金の場合には持ち込むことで節約になります。

しかし、持ち込み料が高額な場合には、レンタルするより高くなってしまう可能性があるので気をつけて下さい。

 

アルバムは自作する

フォトスタジオで立派なアルバムを作成してもらうことも可能ですが数万円かかります。

写真プリントは1枚だけであれば基本料金内に含まれていますので

追加料金が発生する分は写真データをもらって自分で写真をプリントし、アルバムを作ってみましょう。

そうすれば、高くても1万円以内にはおさまります。

 

キャンペーンを活用する

フォトウェディングスタジオでは、お得に撮影できるようキャンペーンを開催している場合が多いです。

早期申込割引、友達紹介割、期間限定、オプション無料キャンペーンなど…様々なキャンペーンがありますので、キャンペーンを活用して申し込みましょう

 

フォトウェディングはどこで依頼するかによって料金は変わってきます。いくら基本プランの料金が安くても、希望通りにしようと思えば最終的に予算オーバーしてしまいます。

節約できる部分は必ずありますので、申し込む前に申込内容をチェックしておきましょう。

 

海外でフォトウェディングする方必見!海外のチップ事情

海外のイメージ今まではフォトウェディングするとなれば近くのスタジオを探す…というのが一般的でしたが、現在では海外でフォトウェディングを希望するカップルが増えてきています

人気の撮影スポットはグアムやハワイなどのリゾート地で、旅行のついでに撮影してもらうといったケースが多いです。

しかし、海外でのフォトウェディングを考えているのであれば、プランに含まれている料金とは別に「チップ」を支払わなければなりません。

 

そもそも日本にはチップの文化がありませんので、日本で通常の挙式やフォトウェディングをする場合、見積もりで算出された金額以外の料金を支払う必要はありません。

ですが、海外では心付けとしてスタッフへチップを渡すこともあります。

ハワイやグアムにはチップを払う文化があるので、
撮影代や旅行費用とは別にチップ分のお金も用意しておきましょう。

 

海外でフォトウェディングをする場合、関わってくれたスタッフ1人1人にチップを渡すことになるので、なるべく細かいお金を用意しておくことおすすめします。

チップの金額は20~30ドルが一般的で、ヘアメイクの担当、カメラマン、コーディネーター、ホテルの運転手などに渡します。

ただし、結婚式に関わっていないホテルやレストランのスタッフにも都度チップが必要になりますので忘れないようにしましょう。

 

チップは心付けなので絶対に渡さなければならないというわけではありませんが、場合によってはマナー違反になりますしサービスの質が悪くなる恐れも

海外の方からすると日本人はチップをくれないイメージが強いようで(日本はチップ文化がないので仕方ないのですが)、あまり良く思われていないこともあるので、気持ちよくサービスを受けるためにもチップははじめに渡しておくことをおすすめします

 

まとめ

結婚式をしたかったけど、金銭的に厳しかった…というカップルでも、フォトウェディングであればウェディングドレスやカラードレスなど好きな衣装を選べますし(和装もあります!)、チャペルでの撮影も可能なので挙式はしていなくても気分は十分味わえます

現在ではリーズナブルな料金設定でありながらハイクオリティーな撮影ができるフォトスタジオが大半なので、きっと「撮ってよかった」と思うでしょう。

低予算でも大満足な記念撮影ができますので、今の幸せな2人を写真に収めておきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました